Pink Drain

とある漫画家の、激しくも儚い妄想をつづる日記。

<< 2013-01- | ARCHIVE-SELECT | 2013-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

フィンセント・ファン・ゴッホ

gogh_f_blog.jpg
5月28日に発売の朝日新聞出版より週刊マンガ世界の偉人で、実に1年と8ヶ月ぶりの漫画掲載。
フルカラー22ページ。

ここ1年、連載が決まらず何か色々あり過ぎ、怒られたり責められたり。
それ自体が被害妄想だったり、現実だったり。
そんな胃袋の下辺りにドロリと、ブルーとも言いがたい何かを溜め込んだ日々を
愛すべきフィンセント・ファン・ゴッホと共に。

描くにあたりゴッホをかなり掘り下げて調べまくった。
情熱とか炎の画家と言われてるゴッホだけど
自分の中ではちょっと違うイメージの何かが今もじっとりと残っている。
ゴッホの製作はすばらしい経験だった。

折りしも宮城でのゴッホ展が5月26日からである
ゴッホの絵は直接見たことがない、この機会に見に行きたい。
どうせなら、いっそそこで売ってくれないだろうか…とおもってしまう。


悔しいのは執筆中に受付されていた、ゴッホのフィギュアがあっという間に完売していたことだ
と言った所で、17万はちょっと直ぐには出せないので、どちらにせよ買えなかっただろうが。
欲しかったな…。

5月28日発売、見てやって。

※画像は表紙の絵を盛大にトリミングして加工したもの。
スポンサーサイト

| 仕事 | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

振り返れはすでに一週間

image0010.jpg
もうね、家の前でこの風景ですよ。
次男の足の下は積雪1m。

さて、なぜここまで秋田到着の日記が遅れたかというと
事件は秋田に来て2日目の夜に起きた
東京では引越し2日前にガスを止めたので風呂に入れず
引越しのバタバタもあって秋田2日目の夜に初めて久々に風呂に入った。
とにかくネットの状況を整えて仕事の環境を作らなくてはと焦りつつ
ここ2日間、ひたすら車庫と母屋2階の仕事部屋アンド書庫をダンボールをもって往復。
とにかく腰だけはやらないように気をつけていた

ところが2日目

風呂に入って出てから、じわじわと痛くなる腰。
痛い…今まで感じたことの無いタイプの腰の痛み
それが3日目の夜には自力で立ち上がることが出来ない状態に
すぐにでも手を付けたい事が山積みなのに仕事どころでは無い
座れない、立ち上がれない、物も持てない。
完全な役立たず、生ごみのように横たわるのも腰が抜けそう。
ひーひー唸りながら、引越しの最中から腕がもげそうに痛いと言っていた奥さんに助けを求める始末。
なさけない。
とにかくここ最近までPCの前に座ることすら出来なかった。
未だに騙し騙しで2~3キロ程度のものを持つのすら危険、片足で立つのも危険。
ちょっとした段差で変な声が出そうになる。
腰にまったく負担がかけられない。

本当に恐ろしい。
焦っちゃいかんとおもっていたが、やはり焦りがあったのか。

そんな訳でしょっぱなからスケジュールが狂っておる。
現在調節しつつ、なんとかやっていくつもり。

あと近いうちに告知が出来るものがあるのでそちらも。

| 雑記 | 02:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

振り返れば秋田

ご無沙汰。
8年近く住んだ東京に別れを告げ奥さんの地元である秋田県に引越し。
結局最後までドタバタした所為で、引越しまでに会いたかった人達に6割方会えずじまいで
ただよく考えると4割の人には会えたのかと思うとそれはそれで中々

大きかったのは群馬の地元で、地元の友人と会えたことか…
祖父母の墓参りにも行けたしなぁ、もう行く事はそうはないだろうな

18歳で地元を離れて、千葉県西船、市川、神奈川県平塚、東京都練馬の井荻、西東京市、フラフラと17~18年
人生の半分は地元以外での生活になった
「さすがにお前の放浪人生も今回の引越しで年貢の納め時か」
と親父様から言われたりしたが、たしかに拠点の移動は終わりか。
ただ人生そのものは未だフラフラするかもしれないけどな。

何度やっても引越しはバタバタする、直前まで本当に終わるのか自分でも不安だったし
今まではそれ程遠くない引越しも多かったから、賃貸の契約を数日被らせて行ったり来たり
なんてのも出来たりしたが、今回は遠すぎで一発勝負だった。

出発当日の未明に、徹夜で次男が引き裂いた障子の貼り直ししたり、もう何がなんだか~。
何とか1時間ほどで貼り直したけど、ただ次はもっとうまく貼れるね。
昔、死んだ婆さんが障子を貼りなおすたびに「上手く行った」「駄目だった」とか言ってたのがわかる
障子貼りってスキルで上手く行くいかないがすぐ出る作業なんだな…。

兄上に前日に現地入りしてもらい、朝8時に親父様と先輩、さらにトラックの運ちゃんも加わり
おっさん5人でひたすら積み込み。
正直いうと本の量なんかで本当に4トン…正確には3.5トン表示だったけど
積み込めるかかなり不安だったけど、途中休憩を入れつつ何とか積み終わる。

毎回おもうけど、何も無くなった生活してた部屋ってちょっと切ないのよね。
「約7年間、ありがとう」とか、そんなセンチメンタルじゃないけどな、なんとなく残心しつつ
出発前に管理人さんに挨拶。
バイクで来るアシスタントに、使ってないバイク置き場を月に5日ほど管理会社に内緒で無償で貸してくれたり。
次男が生まれた時に、上の階から庭の手入れがなってないって苦情を受けて、本来うちでやらにゃいかん庭の草むしりをしてもらったり。鍵を忘れた学校帰りの長男を管理室で預かってもらったり。
本当にお世話になった。
息子達にと餞別を手渡されちゃったりで、お別れの挨拶、本当にお世話になりました。
ちなみに管理人さんといっても、未亡人のおっぱいのでかいPIYO PIYOとかエプロンに書いてある管理人さんじゃないです…。
作業服のおばちゃんですよ、はい。

で先輩の車で一路秋田へ。前日からの徹夜が祟ったのか半分以上記憶に無い。
秋田までの8時間近く、本当は車の旅と言うのは好きなので、楽しみにしてたのに残念でしかない。

途中で羽生PAでカツ丼食って、国見SAで凍天って言うドーナツの中に御餅が入ってるの食って。
あと記憶なし、寝てた。
結局21時回って秋田の実家に到着。
酒盛り。
運ちゃん、前から欲しかった地酒が出てきてテンションマックス。
便器を抱えてリバース地獄。

その後全員眠気に勝てず撃沈。

130401_1347~01
ぐったりで夜が明けたら窓の外はこんな感じ。

翌日9時から車3台分の広さの車庫へ荷降ろし。
降ろし終った所で、空のトラックで運ちゃん地元群馬へ離脱、近所のジャスコでお土産の地酒を買って帰るとの事だったが買えただろうか?
その後、荷物の整理をして、親父様、兄上、先輩も群馬へ出発。
横手によって焼きそばを食って、ちびちびSAによりつつ帰ったようだ。

とりあえず、いろいろ済んでよかった…。
さて、秋田での妄想漫画家生活がはじまる。

| 雑記 | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。