Pink Drain

とある漫画家の、激しくも儚い妄想をつづる日記。

<< 2013-05- | ARCHIVE-SELECT | 2013-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

年に一度。

ime-ji_plog.jpg
28日で今年もまた歳を重ね、36に。
27日はなんだか仕事が押せ押せなので夜中まで仕事、日が変わってすぐの夜中に軽いショックを覚えつつその日を迎える。
1点イラストが締切日であるので、それ程何かできるわけでもなく、30代も本格的に後半になって大騒ぎ訳でもなく。
しかしながら奥さんがケーキを買いに行くというので、ケーキぐらい自分で選ぼうかと必死に色を塗るが、それもかなわず…。
しかたないと思っていたが、2階の仕事場に下から声が聞こえてくる
「ん??隅田さんにプレゼントしねぇと、おれの誕生日さプレゼントもらえねぇんでねえか?」
と、お義母さんの声であった。
なんだかそう言うちょっとしたハシャギがあれはなんとなく満足。
プレゼントは夜中きつい時の摘む感じで…とクッキーとか御菓子の詰め合わせを奥さんにもろた。
仕事しよう。

最近いろいろ考える事もあるが、音ゲーの様に前から順番に流れてくる何かに合わせて
ひたすら仕事をすること意外それほど強制されてやっることも無し。
今おかれてる状況で頑張ることって言うのは10年位前から学んだことだし
無駄に歳をとってないんだと自分に言い聞かせつつ。
ほぼ無駄になってしまった、ある小説の単行本書き下ろしコミカライズ企画の為
今年頭に描いていたイラストの一部を後悔、でなくて公開。
すでに他の方で単行本が出ております。
ちょっとレーベルも判らなかったので見当違いのキャラデザしちゃって
出た単行本を見て、ああ必要なのはこっちだったのか…と納得する日々。

もう少しで連載始まりそうな気配。
スポンサーサイト

| 雑記 | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2013.5.31

gohho.jpg
週刊まんが世界の偉人68ゴッホ、実に約2年ぶりとなる漫画の仕事だった。
学生時代はオタク一辺倒、アシスタント時は青年誌の師匠の元で学び
男性向けでデビューし、赤い核実験場と呼ばれるチャンピオンREDでライトなスプラッタ漫画を描いていた自分が
児童向け学習まんがを描く日がこようとはおもわなかった。
色々な意味ですべては勉強だった。
現在発売中。
今後も色々なジャンルへと挑戦を続けて行けたらと思う。

| 仕事 | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。