Pink Drain

とある漫画家の、激しくも儚い妄想をつづる日記。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

神狩鬼打ち上げ

本日は神狩鬼作画班の打ち上げである。原作者を含まず、私、担当編集、アシスタント3名の計5人で厳かにという事だ。
まあ、うそです。大騒ぎです。
とりあえず新宿西口駅の前に集合。こういった飲み会では、担当編集者のセンスが問われる。とハードルをあげる。
今まで打ち上げというのはウィッチブレイドの時のみで、あの時は秋田書店、外注の編プロ、ゴンゾ、私たち漫画部隊、そして原作の小林さん含めた10人程度を従え、新宿で割烹を頂いたが。カルネヴァーレの時は無く、久々の打ち上げということになる。
編集さんに連れられるままに思い出横丁を徘徊。
浜焼き居酒屋トロ函でございます。なるほどそうきたか。
一時期はそれなりのお店やバーなんかをウロウロしてた私だが、最近BSで「吉田類の酒場放浪記」をこよなく愛して、日々あの変なおっさんに萌る私としてはちょっと楽しい。
つうか、もっとマニアックな居酒屋でも良かったかもと思うほどですね。
このトロ函って結構チェーン展開してるお店で、吉祥寺店とかよく前を通るので知ってたけど、雑多だねぇ…つうか狭い。
肩を寄せ合いキュウキュウになりつつ、テーブルに置かれたガスコンロで魚介を炙る。それなりに質も良く旨い。最近のチェーンは侮れない。
2時間で席を譲れと追い出されたり、金曜日の夜に賑わう思い出横丁を彷徨い、2件目は鳥焼き屋。
焼き鳥メインだが、周りのテーブルにはチャーハンとか…アシスタントは最初からガッツリ食べる飲み方なので既にお腹いっぱいとのこと、この辺はダラダラとチビチビやる私とは合わないねぇ…。
生グレープフルーツサワーでダラダラとコミスタの話。やはり生です、生。
そして気づく、すでに終電の無い事に。
致し方なしとカラオケで始発を待つ。
神狩鬼連載中、最後までギリギリで、打ち上げとかに参加してもらえなかった担当さん
ここで本領発揮。
頭振るのね…激しい一面だわぁ。
そもそも、最近の編集さんは仕事って言うのが強すぎる気がするわ。
もう少しお互いコンタクトとらんとわかり辛い事もあるとおもうよ。
古い言い方かも知れないけど飲んだりで。
それとも経費って使いづらいのかしら?ね。

そういえば一般誌で仕事を始めたばかりのころ
編集さんと飲んで、神田から田無駅までタクシーで送ってもらったことがあった。
深夜の車もまばらな早稲田通りを西に向かうタクシーで
後部座席に一人座ってメーターの上がって行くさまをボーっと眺めながら
「後日、領収書を買取に参ります」
と言う編集さんの言葉を思い出し
「ああ、自分は漫画家になったんだな…」と漠然と実感した事があった。
なんというか、既に単行本も出てたし、そう思ってたけど
なぜか変な現実味がこみ上げてきてたのを覚えている。

もしかすると、当時より経費の扱いはより慎重になってるのかもしれないな。
スポンサーサイト

| 雑記 | 09:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://pinkdrain.blog.fc2.com/tb.php/6-7db76d9e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。