Pink Drain

とある漫画家の、激しくも儚い妄想をつづる日記。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

フィンセント・ファン・ゴッホ

gogh_f_blog.jpg
5月28日に発売の朝日新聞出版より週刊マンガ世界の偉人で、実に1年と8ヶ月ぶりの漫画掲載。
フルカラー22ページ。

ここ1年、連載が決まらず何か色々あり過ぎ、怒られたり責められたり。
それ自体が被害妄想だったり、現実だったり。
そんな胃袋の下辺りにドロリと、ブルーとも言いがたい何かを溜め込んだ日々を
愛すべきフィンセント・ファン・ゴッホと共に。

描くにあたりゴッホをかなり掘り下げて調べまくった。
情熱とか炎の画家と言われてるゴッホだけど
自分の中ではちょっと違うイメージの何かが今もじっとりと残っている。
ゴッホの製作はすばらしい経験だった。

折りしも宮城でのゴッホ展が5月26日からである
ゴッホの絵は直接見たことがない、この機会に見に行きたい。
どうせなら、いっそそこで売ってくれないだろうか…とおもってしまう。


悔しいのは執筆中に受付されていた、ゴッホのフィギュアがあっという間に完売していたことだ
と言った所で、17万はちょっと直ぐには出せないので、どちらにせよ買えなかっただろうが。
欲しかったな…。

5月28日発売、見てやって。

※画像は表紙の絵を盛大にトリミングして加工したもの。
スポンサーサイト

| 仕事 | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://pinkdrain.blog.fc2.com/tb.php/66-b4969578

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。