Pink Drain

とある漫画家の、激しくも儚い妄想をつづる日記。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

キリングバイツ5話

sagyou.jpg
1日になりキリングバイツ第5話掲載のコミックヒーローズが発売。
ヒーローズは特殊な雑誌で、一部のパチンコホールとセブンイレブン専売
そのため、先月号が回収されず二ヶ月分置いてあることもあり注意が必要。

そして、この5話で単行本一冊分に。
単行本の発売日はまだ未定。

原作者の村田さんには本当に頭が下がる。
毎回何らかの売りと言うか、今回は尻!今回はパンツ!下乳!!など持ってきて
描くあたしもたのしい。
色々スケジュールがパツパツであるものの
モチベ―ションが下がらないのはそのせいであろうと思う。

去年9月ごろ、身体を壊しつつも何とかだましだまし始めてここまで。


さて
当時は残暑が厳しかったのに、描いてる内に山は紅葉して、間もなく雪景色になり
雪は次々に降り続き1メーターを超える高さに
それも先月末から段々と溶けて
田んぼにはまだまだ数十センチの雪が残ってはいるものの
アスファルトは顔をだし。
さらに道の傍に少しだけむき出しになった土には緑も見え始めた。

連載を始めると、日々時が経つのは本当に早い。
仕事の話はすでに8月や9月の話。
その頃には夏でまた暑い毎日にげんなりしてる事だろう。

日常に追いやられ、やらなくちゃいけない事
ほんとうは確認しなくちゃいけない事
そういう事も見てみぬふりしつつ

たまに一瞬
同世代の近所の陶芸家さんの所にお邪魔したり
やっぱり近所のガラス細工工房をのぞいたり。

旨いもの食ったり、旨いもの食ったり。
気が付けば体重は偉い事に。
何とかしなければ。
スポンサーサイト

| 仕事 | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://pinkdrain.blog.fc2.com/tb.php/78-955e1e17

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。